定年後に暮らしたくなるマンション

定年後に暮らしたくなるマンション

歳を取ると色々なことが億劫になってくると

■ 32歳 : 女性の話
歳を取ると色々なことが億劫になってくると、親からもよく聞かされます。若いころはまったく意識していなかったようなことが面倒くさくなったり、しんどく感じたりするそうです。

体力がなくなることにより、掃除などの家事が大変になるとも聞きます。部屋数が多かったり、段差が多かったりすると、つまずく危険もありますが、掃除機を取回すのが厄介になり、掃除のしにくさも増すようです。

そういう話を聞くと、私が定年後に暮らしたくなるマンションはやはりバリアフリーのマンションだと思います。バリアフリーだと、安全面だけでなく精神的な安定も得られると思うからです。
完全にフラットだったら、いまは優秀なお掃除ロボットも安価に手に入りますから、日常の掃除はそういったものに任せることもできます。ほかにも、抗菌仕様や、かびなどが生えにくい材質で水回りをそろえたいとも思います。
老後こそ、快適に暮らしたいと思います。

おすすめ情報