定年後に暮らしたくなるマンション

定年後に暮らしたくなるマンション

私は、私の祖母が一時期利用していた支援型の住宅が

■ 32歳 : 女性の話
私は、私の祖母が一時期利用していた支援型の住宅が、老後の生活としては最も理想的ではないかと考えています。
支援型のマンションと一口に言っても、いろいろな支援の方法が用意されていますが、夜間の緊急時に駆けつけてもらえる体制が整えられているという安心感が得られる反面で、個人の部屋は台所も含め独立している点や、食事の用意が面倒な時は、給食のシステムを頼むことができる点など、個人の自由がある程度尊重されている住まいが魅力的なのではないかと考えています。
なかなか両者が満たされている物件は少ないものの、このところ行政が新しく建てる老人ホームの一部に、上記のような住宅が設置されるケースが増えているようです。
老後ともなると、保証人を探すのにも苦労する方が多いように感じます。
私が老後を迎えることには、是非、安心と老後の自由が両立できるマンションが、気軽に申し込めるような世の中になっていてほしいと感じます。

おすすめ情報