定年後に暮らしたくなるマンション

定年後に暮らしたくなるマンション

私が定年後に暮らしたくなる、理想のマンション

■ 26歳 : 女性の話
私が定年後に暮らしたくなる、理想のマンション。それは、やはり生活に便利な立地条件だったり、交通機関が充実していたり、それでいて緑もあってと、挙げたらキリがなくなってしまいます。
それでも、やはり歳をとると不安なのが自分の健康です。
病院や薬局などが近くにあると、大変安心できるのではないでしょうか。今、老人向けの高級マンションが流行っています。常に医師と看護師が常駐していて、急な体調悪化にも対応してくれるそうです。
さらに、部屋に人の動きを察知する機械が設置されており、倒れた時などに管理人に連絡が行くようになっているのだとか。
そして、共有スペースがとても充実しており、同じマンションの仲間とビリヤードや簡単な運動をして身体を動かせる施設まで入っているそうです。
ここまで設備が整っていると、もはやマンションの外に出なくても残りの人生楽しめそうな気もします。
やはり、長生きの秘訣はのびのび毎日暮らして行くことなのではないでしょうか。長生きするためには、医療は切って離せないことだと思うので、やはり定年後は医療機関の充実した病院の近くのマンションに住みたいものです。

おすすめ情報