定年後に暮らしたくなるマンション

定年後に暮らしたくなるマンション

私は定年後にどんな家に住みたいだろうかとよく考えます

■ 27歳 : 男性の話
私は定年後にどんな家に住みたいだろうかとよく考えます。今は仕事の都合で、都市部のアパートに一人暮らしをしていますが、将来はマンションを買ってそこに住みたいと思っています。
私は長男で、実家には両親だけが住む一戸建てがありますが、おそらく近い将来、会社の近くにマンションを買うことになるでしょう。その際に買うマンションの広さですが、まず定年後だと、自分の子供も独立して別居している可能性が高いので、あまり広いところは必要ありません。2LDKとかそのくらいでよいと思います。あまりに広すぎると、自分と伴侶だけでは掃除や手入れが行き届かない可能性もあります。
それから、お風呂とベランダは広い方がいいと思っています。定年後であれば、自分の時間を有意義に過ごすために毎日のお風呂を大浴場でゆったり過ごし、ベランダで家庭菜園をするなどして余暇を充実させる時間が増えると思います。
また、扉の段差を無くしたバリアフリー、キッチンは火を使わない電化にするなど、老後を見据えた設計も必要かと思います。このような、適度な広さとやすらぎを兼ね備え、老後の生活を意識したマンションがあれば、とても理想的です。