定年後に暮らしたくなるマンション

定年後に暮らしたくなるマンション

私には定年後の生活には、一つの夢がある

■ 42歳 : 男性の話
私には定年後の生活には、一つの夢がある。それは、海辺のリゾートマンションに暮らすことなのである。海辺のリゾートマンションは最低でも10階建てで、中には40階近くの超高層マンションも存在しているのであるが、私は10階以下で海辺の様子が良く分かる絶妙な高さを希望している。
このようにして、海の香りや潮風を受けての生活を希望するのは、何よりも海が好きだからである。自分でも理由は良く分からないのであるが、海の波の音の方が、山の森林の草木の音よりも心地よいのかも知れない。
定年までに味わった地獄のストレスから本当に解放されるには、潮風が最高のリハビリになるものと私は確信しているのである。ご存知の方もいるかも知れないが、波音というのは、本当は凄くうるさいもので、慣れないと寝付け無いほどの、いわば騒音に近いくらいうるさいものなのだが、不思議なことに心身に疲れがある状態なら、逆に子守歌代わりによく眠れるのだ。
長寿を全うしたい私には海辺のマンションこそが理想なのである。

おすすめ情報