定年後に暮らしたくなるマンション

定年後に暮らしたくなるマンション

定年後暮らしたくなる家はどんなものでしょう

■ 40歳 : 女性の話
定年後暮らしたくなる家はどんなものでしょう。約30年後の自分が想像できませんが、たとえば健康状態、金銭面の問題など考えられます。
マンションに住む場合、ひっそりと隣人の顔をも知らないようなところではさみしすぎます。オープンな雰囲気でありつつ、プライベートも確立できるような精神的に孤立しないような配慮のある所がいいですね。
建築的には、階段がきついのでエレベーター付きで、でも災害時には使えないと困るので、2〜3階建がいいのではないでしょうか。スロープもついていて、玄関に車を止めて乗り降りできるエントランス付が理想です。
車いすにも対応したバリヤフリーがいいですね。
そこにいて安心出来る住居が理想です。
たまにお客さんが来たら、泊まってもらえるようなお部屋が共同スペースにあるといいです。
駐車場も必須です。

防災面でもセキュリティー管理がなされていたり、交番が近くにあったり、買い物、病院などが近いところにある、もしくはマンションの中にあるなどが理想です。

入居される人も、あまりにも周りを不快にするような方は入居拒否され、そしてセールスなど、訪問販売もお断りします。
安心、安全、ちょっと楽しい、友達がたくさん、趣味の教室も開催される。定年後の時間をより楽しくさせてくれるそんなマンションがあったら素敵ですね。

おすすめ情報

  • 学生会館をお探しの方、こちらをチェック!東京の取扱シェア44.1%。