定年後に暮らしたくなるマンション

定年後に暮らしたくなるマンション

田舎の一戸建ては広くて掃除や管理が大変なので

■ 43歳 : 女性の話
田舎の一戸建ては広くて掃除や管理が大変なので、定年後は都心のマンションに移るという人も多いようです。
マンションは程よい広さで掃除もしやすいです。
交通や買い物が便利な場所にあるマンションなら、高齢になっても快適に暮らせるのではないかと思います。
私が定年後に暮らしたくなるマンションは、スーパー、コンビニなど買い物する場所が近くにあり、さらに大きな病院、郵便局、銀行、バス停など、生活に欠かせない施設が近所にあれば最高だと思います。マンション内の設備はエレベーターが完備されている方が安心ですね。
ご近所付き合いは挨拶程度の程々のお付き合いで、プライバシーが守られる環境が望ましいです。
自然豊かな田舎暮らしには憧れますが、現実的には都会のマンションの方が暮らしやすいと思います。
特に定年後に暮らすとなると時間を持て余しそうなので、書店や図書館、市民プール、公園、ショッピングセンターなど遊んだり、スポーツをしたりする場所が近くにあるマンションに暮らしたいです。